ゼロから始める資金調達

資金のない人が起業する為の資金調達法

国内の起業状況

起業する際のほとんどがある程度資金調達を行います。しかし中にはゼロ円起業として全く資金調達をしない状態で、起業する方法もあります。 ゼロ円起業のメリットや特徴、そしてデメリットについて公開しています。起業スタンスや調達無しについて学びたい方は必見です。

もし資金調達をしないで起業するとしたら?

2015年以降、国内で事業主は右肩上がりです。働き方革命によってこれまでの会社勤めが変わっていったという意見もありますが、事の発端はバブルが崩壊した事により年功序列の廃止にあります。

それまでの日本は高校、あるいは大学を卒業したら就職し定年まで働くのがポピュラーでした。従業員は会社へ貢献する為に多少無茶な働き方も要因していて、その代わり企業は従業員の事を給与や待遇でカバーしていました。しかしバブル崩壊と共にそのカバーが出来なくなってしまっただけでは無く、仕事を評価しレベルに達していない従業員をリストラする事も珍しくなくなりました。

企業がしっかりカバーしてくれないので不安が募る、または「もっと自分が良い会社を立ち上げる」という考えで事業主になる方が増えています。女性の社会進出が目まぐるしくなった事で、女性起業家も増えている事から働き方の多様化が起きている事も分かります。

そんな国内の起業状況ですが、自治体では助成金や補助金などを出しています。起業といえば多額の資金が必要になるので、これらに頼って資金調達するのも良いでしょう。しかしこれらのサービスは足りない部分の補填という役割になるので、別途資金調達が必要になります。

調達方法にはどんな種類があるのか、あるいは調達にあたってのタイミングや注意点を知りリスクの少ない方法で事業展開をして下さい。事業展開はゴールでは無くスタートです。長く継続する為に何が必要なのか考えるのが起業への第一歩です。

資金調達にも種類があると知っていますか?

一言で資金調達といっても様々な種類があり、どれも一長一短なので気をつけて下さい。自社の資金調達を行う場合、複数の選択肢を知っていれば万が一の際も安心して調達出来るのが一番の強みです。 自社に合った調達方法や、どのタイミングで行うかを理解すると良いでしょう。

資金調達と起業の流れ

資金調達方法を理解したのは良いけれど、どのタイミングで行うべきでしょうか?また起業するにあたって早い段階で調達した方が良いのは理解出来るけれど、ステップや流れが分からない事には何ともいえない。 そんな方に送る資金調達と起業の流れを説明しています。

Topへ戻る