資金調達と起業の流れ

起業の流れとステップ

頭の中にたくさんのアイディアがあり、それを実現する為に起業する。とは言っても具体的にはどんなステップを踏めば良いのでしょうか。起業は4つのステップに分かれていてまずコンセプトやプランを決めます。自分のアイディアを具現化する為に細かな部分まで取り決めを行い、事業計画書にします。

アイディアが固まったら法人・個人どちらにするか決めましょう。近年はフリーランスとして成功する方も多いのでメリット・デメリットを確認しながら進めていきましょう。ある程度ビジョンが見えてきたら実際に必要な備品・書類や環境について深く掘り下げましょう。

最後のステップとして法人登記を行い事業開始後の手続きを行えば、アナタも立派な事業主です。

いつ資金調達をすれば良いの?

ステップを理解したのは良いけれどどのタイミングで資金調達を行えば良いのでしょうか。答えは始めからです。アイディアを具現化する時点で少しずつ資金調達をしていけば、法人登記までにかなりの金額を調達出来ます。資金調達は早ければ早いほど良いので、起業を検討した時点で始めても良いでしょう。

反対に後手にしていると法人化した後にモタつきが出てしまいモチベーションに悪い影響を与えるので注意して下さい。遅くても必要な備品や書類・環境を整える時点で始めていると良いです。

自治体によっては事業主をサポートする為の助成金や補助金を出してくれるケースもあります。様々な審査や条件があるので日頃から自治体のサイトをチェックするクセをつけて下さい。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る