資金調達にも種類があると知っていますか?

借入れ・融資の特徴

ポピュラーな資金調達を言えば借入れ、または融資です。前者は借入れを展開している企業だけでは無く、家族や知人へ依頼も出来ます。

借入れのメリットはまだ実績の新規事業主にも資金を貸し付けしてくれる点です。家族や知人からの借入れだと双方が納得すれば金利を低く設定する事も出来ます。但し借入れは返済期間が決まっているので、それをオーバーすると信用がなくなります。当然今後の借入れがNGになる可能性もあるので注意して下さい。

融資に関しては厳しい審査があるので借入れよりもハードルが高く、且つ膨大な必要書類があります。これらの審査に通過すれば資金調達が出来ます。融資の内容によっては返済義務が無いものも存在します。

クラウドファンディングは新しい資金調達?

新しい資金調達方法といえばクラウドファンディングです。専用のマッチングサイトへ登録し、出資者へ資金調達とそのアイディア・サービスについてアピールします。

投資者の興味を惹けば資金が集まるので、アイディアによっては希望額以上の資金調達が可能です。国内だけでは無く海外向けのクラウドファンディングもあるので、全世界に向けて発信出来るのが特徴です。

但しクラウドファンディングは借入れや融資の様に確実性が低くケースによっては資金調達に時間がかかる、または調達が出来ない事も珍しくありません。提供しているアイディアを盗まれたり、冷やかしを受けたりする場合もあるのでメインの資金調達をして利用するのはリスクが高いです。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る